【4月から十勝、帯広に来た方へ】<ひとり向け>GWは十勝を楽しもう!その1-「東を攻めよう!」池田町

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 こんにちは、ISYSです。

 4月といえば、入学・入社の季節。
そして、人事異動や転職の季節でもあります。

 この春から十勝、帯広に来られた方も
多いのではないでしょうか。

 十勝に来たくて来た方もいれば、
「本当は来たくなかったんだ」
という方もいらっしゃるかもしれません。

 私は帯広で生まれ、帯広で育ちました。
 大学の4年間は十勝を離れ、
卒業後に帯広に戻ってきて就職。

 10年ほど帯広で働いたのち、
今は仕事の関係で十勝を離れていますが、
月に2回ほど帯広に帰ってきてます。

 離れた今、ようやく
「十勝っていいところだったんだな」と
感じています。
(失ってから気づくタイプですねw)

 「望んで十勝に来たわけじゃない」って
言う方もいるかもしれませんが、
ちょっとでも十勝を楽しんでくれると
嬉しいです。

 また、GWはコロナ禍で地元に
帰れない方も多いかもしれません。

 家族や恋人と過ごす、
という方はそれでいいのかもしれませんが、
問題は私も含め、
【ひとり】だという方です(笑)

 今年のGWはカレンダー通りだと5連休。
会社によっては11連休という方も
いるのではないでしょうか。

 おウチで映画を観て過ごす、
読書をするにもちょっと長すぎるよな、
近場でどっか出かけたいな。
十勝って何あるんだろう。

 そこで、帯広生まれ・帯広育ち、
20年以上十勝で暮らしてきたISYSが
主に【ひとり向け】の過ごし方を
ご紹介します。

 といっても、どのポイントにも
カップル、リア充はおりますw

 また日帰り、というか、
11時とか12時に出かけて、
20時にはおウチに帰ってきて、
夜はテレビや映画を楽しみましょう、
という考えでご紹介しています。

まず、車をおさえる 十勝は広い!

 十勝でどこかに出かけるといった場合、
車が必要となります。

 体力に自信があるという方は、
自転車などでもいいかもしれませんが、
十勝は広いですよ。

 ちなみに北海道には14支庁(振興局)に
分かれますが、十勝が一番広いのです。

 十勝の面積は、10,830平方キロメートル。

 ちょうどコロナが騒がれる前、
某氏が飛行機で脱出したことで有名になった
レバノンは10,452平方キロメートル。

バーレーンは751平方キロメートル

十勝って国より広いんです。。。

 帯広市から、日本一寒い町といわれている
陸別町まで車で1時間40分(98km)。

 その陸別町から、十勝最南端の広尾町まで
2時間50分(157km)。

 ちなみに157kmというのは、
帯広から新千歳空港がある千歳市までと
同じ距離です。

 

 と、なんでこんな広いエリアを
ひとつの管内におさめたんだ、
っていうくらい広いです。

 十勝は広さのわりに、公共交通機関が
あまり充実していないのが残念なところです。

 というか、北海道内で公共交通機関が
充実しているのって、札幌圏内だけだと
思います。

 函館など明確な観光地がある場所は
整っている場合もありますが(路面電車もありますし)、
 北海道内は車での移動が基本となります。

 なので、車を持っていないという方は、
レンタカーなどを借りることをオススメします。

 自然豊かな十勝をドライブしながら楽しみましょう。

 ちなみに十勝は帯広駅前の市街地を除き、
ほとんどが駐車場無料です。

 
 

車で40分!ドライブにも最適なワインの町・池田町

 「十勝ワイン」といえば、池田町。

池田町までは帯広市街地から車で40分程度

 池田町には「ワインハウス」ではなく、
「ワイン城」があります。

 ミュージアムやレストランなどがあります。

 地下には熟成室もあるのですが、
コロナの影響もあり地下の熟成室は
見学できませんでした。

 ショッピングなどもできるので、
ぜひ行ってみてはどうでしょうか。

 試飲コーナーもありますが、
一人で行っているのであれば、
代わりに運転してくれる人はいないはず。
(いないよね?w)

 絶対に試飲しないようにしましょう。

 また、ワイン城の入館料は無料です。

 ワイン城の屋上からの眺めは絶景ですよ。

ドリカム ギャラリー DCT garden IKEDA

 実は、池田町はドリカムこと、
DREAMS COME TRUE ボーカル
吉田 美和さんの出身地。

 ワイン城近く、っていうかすぐそばに
DCTgarden IKEDA
という、建物があり、吉田美和さん、
ドリカムに関わる衣装などが
展示されています。

 ドリカムファンでなくても楽しめます。

 こちらも入館料などはかかりません。

 コロナの影響もあり、
入館前に職員さんによって
体温チェックがされます。

ランチメニューがお得な「よねくら」さん

 そして、何よりも大切なのが、そう・・・

 ご飯!w

 ワイン城近くにある、
池田駅の真向かいにある
レストラン「よねくら」さん。

旅色 2021年4月号でも紹介されたお店です。

https://tabiiro.jp/book/indivi/gourmet/307061/

ランチメニューのカットステーキセット 1,100円

 ステーキがすごく柔らかく、
美味しかったです。

通常メニュー
煮込みハンバーグも美味しそう。。。

 ちなみに親子弁当とステーキ弁当という、
テイクアウトメニューもあるようです。

 私が行った時(土曜日 14:00頃)は、
店内は2組のお客さんだけで、
うち1組はもう帰るような雰囲気だったので、
店内でいただきました。

ジェラートにプリン ハッピネスデーリィーへGO!

 そして、ごはんの次に大切なのは、
そう・・・

 スイーツ!!w

 ジェラートが有名な
「ハッピネスデーリィー」さん。

 おそらく、illyコーヒーを導入しているからか、道中、illyの案内の看板がありました。

 ジェラート
とっても美味しいです。
2種盛 380円。(1種盛というのはなく、2種盛だけのようです。)

  そして、私が一番楽しみにしていた、
  プリン!! 324円
 

 以前(もう10年くらい前)は
卵ベースのプリンでしたが、
牛乳ベースに変わったようです。

 こちらもとても美味しかったです!

 店内で保冷剤とアルミの袋も有料で
用意してくれ、最大12時間持ち歩ける
ようです。

十勝はGWが桜の見頃 池田町もおすすめ!

 ちなみに、みなさん、
一番最初の桜の写真覚えていますか?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 これ。

 私がよく、春のことを書いたりする際に
使用する写真なんです。

 以前使っていた、OLYMPUSの一眼の入門機の
カメラで撮影した写真なんですが、
結構気にいっています。

 これの撮影地は池田町です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 これも池田町です。

 場所は秘密にしておきますw

 でも、これまでご紹介したところをドライブしてもらえると、
すぐに見つけられると思います。
 無理しないと行けない、というようなところではありません。

まとめ 昼は十勝をめぐって、夜は家でゆっくりしよう

 私が帯広に住んでいた頃、
GWでどこにも旅行に行かない一人の休日といえば、

11:00くらいに起きて、準備して、
12:00すぎくらいに家を出て、
こういうちょっとしたドライブを楽しんで。

ちょうど現地に着くのは13:00くらいなので
お昼のピークが過ぎたお店でゆっくりお昼を食べて、
観光して、夕陽を見て、
20:00くらいにおウチに帰ってきて。

ちょうどスーパーのお惣菜も安くなるしw

帰ってきてから、映画やテレビ、
YouTubeを見ながら晩ご飯を食べて、
ちょうど帯広は5月頃に暖かくなるので、
窓を開けて夜風を感じながらテレビを見て、

でもGWだから外でバーベキューしている人がいると
匂いが入ってきてww

 そんなGWを過ごしていたような気がします。

 そんなゆったりとした時間が過ごせるのが十勝です。

 札幌や東京・大阪から来られた方からすると田舎でしょう。

 でも、生活に困らない田舎って最高だと思います。

 ぜひ楽しんでくださいね。

 第2弾も近々公開します。